最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

アナログ?デジタル?

原稿の事ではありません。
原稿はもう絶対アナログです(今のところ)。今日トーン貼りをしながらも、やっぱりアナログだと思いつつだったので。
なんだろう…やっぱり、線フェチだから、線の何かなんだろうな。アナログは線のエッジがキリっとしてるでしょう。アレがね、アレがいいんだね。トーンなんかも、どうなんだろう、デジタルのものを、紙媒体で見たことがないので言いようがないですが…。まぁ、原稿用紙、とかね、そんなものも好きだったり。右肩に打たれた鉛筆書きのページ番号とか。鉛筆書きのネーム、とかね(フキダシの中の文字)。いろんなところに妙な魅力があります。

で、カラーの事ですね、アナログ?デジタル?ってやってるのはね。

コピックですよ…。

今まで漫画原稿用紙(つまりケント紙)で塗ってたから、ちょっと、アレだったけど…画用紙で塗ってから、ちょっと、コピック深みがすごいのよね…。
描くツールとしてアナログがいい、デジタルがいい、そういう話ではないんです。
自分はどっちが好きか、そして合っているか、ただそれだけの個人的な話です。

昭和な私です。

カラーインクの漫画の扉絵にあこがれ続けた子供の頃…あまりの手際の悪さに(段取り力ゼロってやつですね)、カラーインクは扱えませんでした。
そして、だいぶ大人になってからコピックってのが出たんですね。

なんか、画用紙に塗ってると、水彩とカラーインクの中間のような。
そして、水彩ほど下の色を溶かしてこないから、重ね塗りも手際を水彩ほど考えなくてもいい(手順が逆になっても結構平気)。

デジタルは、まずマウスだから時間がかかる。
ただそれだけですね。
他の技法やなんかは勉強していけばいい事ではあるし、私は今の塗り方で自分の素朴絵を更に素朴にしてくれてて好きですから、ま、いいと思います。

ハッキリいって、コピックで塗った絵をスキャンしてパソコンに取り込むと、私の描いたデジタルで塗った絵と見分けがつきません、多分(笑)。デジタルなのにアナログ臭く塗ってるんですねぇ…。

ただ、背景がベタっと模様だったりする場合はコピックで人物を描いて、取り込んでデジタルで背景をするっていう事ができるから、デジタルもありがたいですね。

ちなみに、『アレ見よ③』は、カラーページがあるんですが(本文で)、それも、色塗りはデジタルの方が便利なのでデジタルです。アナログでやろうと思うとB4の画用紙を買ってきて…ってなりますからね。そして色ベタ塗の背景も多いですし。失敗して1ページ丸々描き直しとかは、漫画だとつらいものがあります。

s-IMG_4904.jpg
コピックでラクガキ。なんか…今更ハマってしまったぜコピックよ…。かぐわしいコピックのかほりよ(かいでません、描いてます)。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。