最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

漫画制作あるごりずむ:1&アナログdeトーン貼り

「あるごりずむ」、ここでは単に「やり方」って事で使いました。
どんなやり方が一番、いい漫画が描けるか…。やり方は千差万別十人十色、漫画というのは、仕上がりがすべてなのだから、そこへ行きつくやり方はなんでもいいのです。そのやり方をあれこれ工夫して、自分の表現したい漫画を作っていく、表現したい事を描き切るという事を成し遂げられるようにしていくのも、漫画制作の醍醐味の一つです。
ものを作っている人はみんなそうだと思います。

さて。

今日は、その中の、ネーム、までを書こうと思います。ネームを切る前までの段階。私のブログ記事長いので、全部かくと巻物みたいになりそうなので。

まず…ネタの話は前にちょっとしましたね☆

景色からネタができる話をしました。(読みたい猛者はこちら

他に、歌から触発される(だいたいブルーハーツかハイロウズかクロマニヨンズ。ボーカルが全部一緒とか言わないように)、本から、俳句から…俳句っていうのは、なかなかいいんですよ。遊びがあって(聞かされる側に自由がある)。

そして、一番多い、ほぼ毎日勝手にぽこぽこ生まれるのが運転中、あるいは風呂に入っている時。ネタが生まれますね、この二つの事をしている時はホントに。
で、この二つの事をしている時はメモれません。風呂にあいぽんを持って入る人もいるそうですが、私はあえてしません。こういうときの勢いのあるネタは、メモれる時にはメモって、メモれない時は次々流していきます。後でネタ帳(EverNote)を開いた時、覚えているところからががーっとメモっていって、新しく作りながらかきこんでいくのです。

ん。

そんな感じで、今そのゾウさんマークのえばーのーとには21話までメモってあります。今描いているのは3話です。
アホかとお思いでしょうが…漫画描き、ネタが尽きるのが何より恐ろしい事なので、ネタ帳にはアホほどネタがブチこまれていると安心して作画できるのです。
ってのはウソで、本当に単に、続き物だから、同じキャラを使うわけで、そうすると結構エピソードって出てくるものなんですよ。
だけど、それにちゃんとテーマを持たせて、きちんとした話にしたいから、本格的にネタを練る作業をする時は大変だし、没にする話も多いです。

で、たとえば、『アレ見よ③』を今作画していますが、コレが終わったら、そのゾウさんマークを開いて、会話文や普通の文章で書かれたエピソードを読み直して、修正して、なんとか、話になるようにします。その時にテーマも探しながらやります。私はこの話で何がいいたいのか?どうなの?ずっとみつからなかったら、没になったりもします。

ネタ詰めが終わって、会話文などで一応話がまとまったら、今度はソレをマインドマップにします。エクセルとかで時間表を作ってもいいですね。
とりあえず、テーマをかき、出てくるキャラをかき…文章では難しいですね…。

s-1sss.jpg

こんな感じです。ここでは二人しかでてこないので(いつも私の漫画は登場人物が少ない)、二人の行動(エピって書いてあるところにかいていく)、その時の心情を書きだしていきます。

ここで、大幅にストーリーがかわる事が多いです。
テーマがかわる事が多々あるからです。
ここでもいいセリフが思い浮かんだらどんどんかいていきます。フレッシュな方がよりいいものです。だから、ネタ帳のものとは骨組み以外全然ちがう内容になることがほとんど毎回です。

そんな感じで、ネームの前までの準備が終わります。

マインドマップを使うとちょっと込み入った話なんかを作る時にいいかもしれませんね。キャラの相関図も、私はコレで作っています。相関図を眺めていると、これまたちょっとしたエピソードが浮かんだりして楽しいですね☆

さて、トーン貼りですが。これは…

1_20121110225057.jpg

ということで、村迫が…じゃなくて、私が今日トーン貼り作業をしていたのですが、アナログでのトーン貼り作業を解説?してみたやつを、Pixivにupしたので、漫画制作ぶろぐという事で、こちらにもリンクを貼ってみようか…という事です。
upした時は、これから漫画を描く人…そういう人って、デジタルで入るんじゃないの?って思ったんですが、ま、自分が楽しかろうと作ったんですが、今ふと、もし、トーン貼りに悩んでいる人がいて、やり方がわからないとか色々…逆に、デジタルの方が情報いっぱいあるけどアナログはあんまりないって事もあるんじゃないかって思って、upしてよかったのかもしれないって思いなおしました。



私が作ったんですから…長いですよ。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。