最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

漫画制作あるごりずむ:4

今日は、補足です。
3までで工程の説明は全部終わりましたが(コピー本を作る時は最後に写植作業が残っていますが)、その中での補足説明…というか…

補足ウンチク

です。

あるごりずむ記事の2、ネームのところで、私の定石を箇条書きにしたところがありましたね。
イキナリここから読まれた方で、クソ長い記事を読む元気のある猛者はコチラ。新しいウィンドウで開きます。

この箇条書きにした9つの事、ほかにもいつも自分が気を付けているこまごましたこと…それらを一言で表現できる事に気づきました。

それは…

「意味のない演出はやらない」。

このことである(by池波正太郎先生)。

要するに…アップを描くなら、アップを描く理由がなければならない。
ロングを描くならロングを描く理由がなければならない。
フキダシの位置も、理由なく決めない。
…などなど。

コマ割りもなんとなくしない。大ゴマには大ゴマの、小さなコマが連続する事にはそれの、変形ゴマには変形ゴマの、タチキリにはタチキリの、意味がなくてはならない、そう思うんです。

フキダシの位置でいいますと、これは構図全体にも関係してくるのですが、たとえば…参考図…

s-1s-1mono115.jpg
クリックするとデカくなります。

これは私がちょっと、遊びで描いたものなのでアレなのですが、まぁ、ネームはいつもこんな描きこみです。

フキダシの位置の話ですが。

ピンクの線は、たいていの読者さんの自然な視線の流れです。
たいていの読者さんは文字から見る、と、編集さんに教えてもらったことがあります(あの時はお世話になりました)。
自分で漫画を読んでいると、なんとなく、次はアップの顔の場合は目に行くように思います。

そんな事を考えて、動線の上に見せたいもの(たいていキャラの顔だったりしますね)が来るように、フキダシの位置を考えます。私は教えてもらってからいつもそれを意識しています。

それから、描き文字ですが、これも私は極力絵で表現してしまいたいなと常々思っています。
でも、使います。使いますが、描き文字を使う意味がある、という時しか使いません。
ばーん!とした絵を描けてるのにわざわざ「ばーん!」って描き文字いれたら、絵を見てもらえる時間が減ります。だから私はそういう場合は入れません。入れた方が絶対よくなる!っていう時に、入れるのです。映画やドラマの効果音や挿入歌のようなものだと思います。

で、ちょっと横道それましたが、その描き文字も、このピンクの動線を外れないように配置します。

参考図の3ページ(左ページ)の最初のコマの村迫のところ、フキダシの横に描き文字がありますね。これは、コミカルな感じ、昭和な感じを出したかったので表情と共にひらがなで入れたのですが、この描き文字があるので、ないよりも村迫の昭和な顔に目をいきやすくしようとしているのです。成功しているか否かは別として、それくらいの理由があって、描き文字を入れています。

最後の水色のマルは、メクリのタメ、です。
村迫のセリフの最後を反芻している乃木君のセリフ、その後、乃木君の不安気な表情で終わって、メクリ効果を出そうとしているのです。成功しているか否かは別として。

まぁ…そんな風に、ネームの時は特に配置に気を付けて切っています。
原稿を描く時に、アングルなんかで平板になってる事に気づくことがとっても多いので、原稿を描く時にネームから変更したりすることも多いです。

今回は参考図がコレだったので、主にフキダシなどの位置関係についての、「意味がない事はやらない」をかいてみましたが、変形ゴマやタチキリ、その他もろもろ…たくさんあります。
それを考えながらネームを切ったり、作画で背景やトーンの処理を考えると漫画制作がとても楽しいものになると思います。
悩みが増えるようですが、私は、こういう考えにしてから悩みは減りました。悩まないで、考える、そういう感じになりました。

そういえば、シーズン中野球を見ていた時、ノムさんが解説で、キャッチャーにダメ出しをしてはったのですが、その時「意味のない配球をするな」と言ってはりました。
何事にも共通点はあるものですねぇ…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。