最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
48: by 蔵西 on 2012/12/05 at 07:19:21

ほぉぉ…。

なるほど。参考になります、有難う!

…ただ、
このお宝情報を使いこなせるかは…?
わからんです・・・  (^^;)

49:蔵西さんへ by ウマナリ on 2012/12/05 at 20:36:39

コメントありがとうです☆

おお、参考になりましたか?よかった…。文章に上手くかけなくて、わかるかなーこれってって思ってたんですよ(笑)。
カラー作品は、スキャナでスキャンすると、わりとコントラストでなくていいところが出たり、肌色なんかもビミョーだったり…お絵かきソフトで直そうとしてもやっぱり微妙…、なんかカメラで撮るんが一番ええんとちゃうん…なんて思う事が多いので、そういう方他にもおられるかもって思ってかきました。

いろいろ試してみて、カメラの働きを楽しんでみるのもいいかもですね☆

▼このエントリーにコメントを残す

   

病院に行ってまいったー&作品を撮る話。

病院はね、短く。

先生に、調子わるしてましてん…。と、詳しく調子が悪かった日々の事を語りました。そして、昨日くらいに思った事、10月半ばにぴくしぶに登録したでしょう。新しい事をすると躁転することが多い私、ぴくしぶも新しい事だったんで、それで躁転はしないまでも、かなり脳が興奮していたと思います、と。コメントのやり取りをしたり、たくさん絵を描いたり、それを投稿したり。そういう事がとっても、脳に刺激を与えて私のキャパを越えていたんじゃないかと思うと言いました。先生も、うん、なるほど、その反動ってのはあるかもね☆って言っていました。
今は気分の方にはこなくなって(症状が)ひたすら眠いですといったら寝ててくださいといってはりました。うちではテツの決め台詞と言われている言葉です。しかし、うつから回復するには寝るのが一番です。
そしてテツは珍しく、精神科医はたいていそうだけど、私の主治医は特にああせぇこうせぇと言わない人なんですが、「それは(ぴくしぶ)楽しいんでしょ?」ときくので、楽しいですよと答えると、それはやめずに続けてください、楽しい事は、続けてくださいといわはりました。珍しい事だったのでびっくりしましたが、主治医が続けていいというなら、よかったです。実は、今回の事があって、やめた方がいいのか、ペースをめちゃくちゃ抑えるとかしなきゃならんのかと微妙に悩んでいたんです。
よかったです。

さて。

ぴくしぶや、漫画制作ブログで、作品の写真をよくみますが。
ブログのほうは「とりあえずー!」って撮られたものが多いからアレかもしれませんが、時々、暗く写る、上手く写らない、とかいておられる方もいます。

写真…は、私は撮るのが好きなのでデジイチなど買って撮ってた人なので、仕組みは知っています。

原稿の写真が暗く写るのは、白い部分が多いからです。
カメラは「標準グレー」にしようとする機械です。なので、白ばっかりで黒が少ない原稿を写すと、ほとんど白だから、白の部分をグレーになるように設定してしまいます。

デジイチで、雪原を撮るなんて時には、上記の事があるので、露出プラス補正なんて事をします。グレーになることを見越して、機械の設定をプラスに補正しておくのです。雪原は白に移りますが、このまま普通のいろんな色が混じったものを写すと、白く飛んだ写真になります。

そんなしくみなので、原稿を写すときは…何も機能のないカメラならば、黒っぽいものを画面の中に入れて原稿の白が白になるように調整して写します。私が昔ガラケーを使っていた時はそうしていました。ちょっと、ヘンな写真になりますが(笑)。製図ブラシの茶色いブラシの部分を入れたりしてました。

イマドキのガラケーのカメラ、およびスマホのカメラには「AFロック」と「AEロック」があると思います。
AFはピントを合わせるアレですね。AEは露出を合わせるアレです(アレってなんだよ)。
AEロックが露出、つまり白いものを白く、黒いものを黒くっていうのをやりたい時に使うものです。
私はiPhoneを使っていますが、写真を撮る時はもともとついてるカメラ機能ではなく、カメラアプリを使っていて、ついてるカメラ機能の事は詳しくわからないのですが、今見たところ、AEロックとAFロックは同じ四角でやるようなので、ちょっと使えないかも…。

AFとAEを別の四角で設定できるやつがいいんですが…。
私の使っているカメラアプリだと、AEを合わせるマルを、いい塩梅の暗さや色のところへ合わせて長めにタッチするとその部分で露出を合わせてくれます(ちなみにホワイトバランスというのがデジタルカメラにはありますが、これもこの時に合わせるようです。ホワイトバランスの話は後で)。そうしてAEロックがかかった状態で原稿を画面に入れると、ちょうどよければ、ちゃんと紙が白くなってくれます。それからAFの四角をドラッグ?して、原稿のピントを合わせたいところへ持ってきて、ピントがあったらパシャリ、です。

で、ホワイトバランスですが。
カラー作品を撮りたい方には結構重要かもしれません。
カメラで写真を撮っていると、ものによって、天気によって、ライトによって…etc…妙に青みがかったり赤みがかったり、黄みがかったり…っていう事がありますね。これも…光の質、画面の中にある色のバランスなどによって変わるもので、わりと、iPhoneの私の使ってるカメラアプリだと、原稿を撮ると、青みがかる事が多いです。
一眼レフは、ホワイトバランスを決めるボタンやダイヤルが別についていますが、私の使っているアプリはAEロックをかけるところでホワイトバランスを決めているようです。
なので、多くのスマホやガラケーについてるカメラがそうかもしれません。ホワイトバランス機能が別についているものは、そこで合わせるといいかと。屋内で電気がついてて太陽光も入ってて…って時はオートでいいです。
AEロックの時に設定させるものは、AEロックで画面の明るさを決める前に、なるべく真っ白のものをマル(とか四角とか)に合わせると、いいホワイトバランスになりますよ。そこでロックをかけてから、明るさのちょうどいいものに、ロックを外さないように明るさだけ合わせて、最後にピントを合わせます。
そういう機能がない場合は(AEのみのロックしかできない場合)、ちょうどいい明るさで、かつ、画面の色が青や赤や黄に傾かないモノを探して、それで合わせるといいかも。いろんな色味のものが混在しているところがいいと思います。

ちなみに。
デジイチなんかでホワイトバランスをマニュアル設定する時は、撮る場所で、真っ白の物をファインダーに入れて、それが真っ白に写るように何度も写しながら露出を調整して、いい白になったら、それでロックをかけて、写真を撮ります。
なんか、面白いですね。
私はド素人なので、いつもボタンで「くもり」とか「オート」とか設定してます(笑)。結構色味が変わるので面白いですよ。

そんなワケで。

今日のラクガキ。:洋平君。

s-2洋平君2

『アレ見よ』のだいぶ先の話に出てくる子なんですが(右)、お気に入りのキャラなので、描いてみました。
洋平君は、私が去年から野球を見ていて、中日の大島洋平選手が妙に「キャラ的に」気になって、何がって、言えないんですが(言葉にできない)、とりあえず、気になって、今年も気になり続けていたので、キャラにしてしまおうって頭で洋平君が出てくる回の話のネタを作ってたりしたものです。
そのわりに、大島選手に似せようともしていないところがウマナリであります。しかししかし、もちろん、俊足ですよ☆

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
48: by 蔵西 on 2012/12/05 at 07:19:21

ほぉぉ…。

なるほど。参考になります、有難う!

…ただ、
このお宝情報を使いこなせるかは…?
わからんです・・・  (^^;)

49:蔵西さんへ by ウマナリ on 2012/12/05 at 20:36:39

コメントありがとうです☆

おお、参考になりましたか?よかった…。文章に上手くかけなくて、わかるかなーこれってって思ってたんですよ(笑)。
カラー作品は、スキャナでスキャンすると、わりとコントラストでなくていいところが出たり、肌色なんかもビミョーだったり…お絵かきソフトで直そうとしてもやっぱり微妙…、なんかカメラで撮るんが一番ええんとちゃうん…なんて思う事が多いので、そういう方他にもおられるかもって思ってかきました。

いろいろ試してみて、カメラの働きを楽しんでみるのもいいかもですね☆

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。