最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
50: by 蔵西 on 2012/12/06 at 13:14:26

有難う!
なんと具体的な!

う、しかし、自分に出来る気がしない…
まずデジタル一眼持ってないし… ぐずぐす 泣

 ・・・とか言って、
例えば
コミスタも購入まで ぐずぐす数年かかり、
購入してからも 数ヶ月放置していて、
でも、ある時、
ふと やりだしたらしばらく熱中…。
というような具合に、
機が熟したら、きっと、やります!
デジ一眼もきっと買います!?(笑)

今は多分 情報蓄積期なので、
良かったら、またいろいろ教えて下さい!

51:蔵西さんへ by ウマナリ on 2012/12/06 at 21:16:15

コメントありがとうです☆

おお、またこの長い記事を読んでくださったんですね!

肝心な漫画のホントに必要な事より、こんな事ばかり発信している私ですが(笑)、またホントにupするイラストができたら今度はスキャナじゃなくてカメラで撮ってみようと、頑張って色塗ってるところです☆

ガラケーのカメラ機能の充実したやつや、スマホのカメラでも、この「露出」の仕組みを知っていると結構かなりきれいに撮れますよー。
蔵西さんは、おそらく旅に出られることもあらはりそうなので、ひょっとしたら、カメラを買う事は楽しみが増えることになるかもしれない…とも思いますが。
しかし、絵を描く人はだいたい、写真を撮る事にも夢中になりそうです(構図や露出や色の関係が絵に通じる事ばっかりで)。
私もこの記事を書いて、ちょっと、やっぱり写真て面白いなんて思ったりしました。写真ももっと撮ろう…。

コミスタは慣れてきはったようで…よかったですね。なれればきっと、アナログより早いんでしょうねー。

▼このエントリーにコメントを残す

   

昨日の続き:作品を撮る、実験?してみた。

昨日かいた、作品をカメラで撮る時…っていう話ですが。
今日、実験してみました。
元気だったし(笑)。

私は、カラー作品はスキャナでスキャンするよりデジタル一眼くらいのカメラで撮るのが一番きれいだと思う…と心中思っていたので、ホントかな?って興味もあって、やってみました。
コピックなんかで描いた絵は、スキャンすると、インクのしみこみが多い部分なんかは、実際の絵よりコントラストがきつく出たり、肌色なんかでそういう部分があるとムラになったりするので(ほっぺたのぼかしなんか、実物はきれいにできていても、スキャンするとムラになってしまったりする)、ホントにそう思っていました。
それから、ちょっとリキテックスをまた復活させようかなって思ってるんですが、私はリキテックスなら厚塗りで塗りたいなって思うし、そうすると絵の具の凸凹なんかもあったりして、そうなってくると…なんていう気持ちもありました。

で、実験☆

私、昨日かいた記事で勘違いしてました。
私のカメラアプリ、ホワイトバランス設定するボタン、ちゃんとありました!いやー、忘れ去ってたこのボタン(笑)。ありましたありました。

IMG_5104.jpg

上の真ん中。「AWB」ってありますよね?
これがそうです。AWBはオート設定です。ここをタップすると、WBという表示になり、レンズをいろんな方に向けて、画面でいい塩梅になったところでもう一度タップすると、そのホワイトバランスがロックされ、WBに鍵のマークがついて、完了なのでした。あはははははははは。

で、実験です。

まず、一番難しいのをやってみました。

今日リキテックス絵の為に描いたラフ画です。鉛筆で、下絵より更に薄い線で描いてあります。これは難しい…と思って、練習の為に素材に使う事にしました。

写す時大事なのはパースがつかないって事ですね。なるだけ垂直になるように絵を立てて置いて、カメラも絵と同じ角度になるように構えます。難しいです。私もなかなかできません。歪んだ写真がいっぱい撮れました(笑)。
絵を立てるのに、私はノートパソコンのモニタを使いました。ウクレレの譜面台にもなっているものです。モニタの下に(つまりキーボード上)、滑りにくいカッティングボードを置き、モニタにはスケッチブックを立てかけて、その上に絵を立てます。横長になるようにしました。私はカメラで水平線を合わせるとき、横長の方が合わせるのがラクだからです。人によるかもしれないですね。

IMG_5102.jpg

下の方、つまり撮る時は右の方が赤みがかっているのは、なぞです。ホワイトバランスでしょうが、真ん中へんより赤みがつよかったんでしょうか…。真ん中辺は少し緑がかってますね。カメラは何をしたかったんでしょうか…絵はどういう状態だったんでしょうか…。光にムラがあったのだとおもわれますが。
絵の上の方、つまり撮る時は左上になるのですが、そこは暗くなってますね。これは多分、絵が湾曲して影ができていたのだと思います。
これを撮る時は、iPhoneのフラッシュは使い物にならないので、部屋の電気だけで撮る事になり、光量を補うために、カッティングマットに白い紙を乗せました。これを撮る前に撮ったデジイチの時に、パソコンの左側にレフ板代わりに立てていた白い紙もそのままにしていましたが、さすがに天井の蛍光灯では、立てかけた分は十分に力を発揮しなかったようです。

IMG_6571.jpg

デジイチで撮った分です。
こちらは、いつも写真を撮る時のように、いろんな設定で何枚も撮りました(デジイチを持つとどうしてもそういう風にとってしまう、クセのようなものがあります)。
まず、普通に撮ってどんな白になるか見て、それからフラッシュをたく事にし、ホワイトバランスをフラッシュに設定して、それから露出補正を+2/3で撮りました。
どうしても画面の左側(この画像で言うと上)が暗くなるので、パソコンの左横に、レフ板代わりに白い紙を立てました。フラッシュの光が反射して、暗くなる部分が明るくなるかもーっていう事で。
レフ板代わりの白い紙はデジイチのフラッシュにはめちゃ効果がありました。ので、最終的に露出補正を+1にして撮りました。
ホワイトバランスをオートにした分も撮り、カメラのモニタでは、こちらの方がいい白になっていたんですが、パソコンに取り込むと、フラッシュ設定の分の方がいい白になったので、ホワイトバランスも何パターンか撮っておくといいなと思いました(カメラを持って、風景写真やら何やら撮りに行くと、結構そういう事もします)。

次にカラー作品を。
塗りかけなので、ちょっと、白が多いんですが、私の作品は背景をめったに描かないので、こんな感じで仕上がってる事も多いからいいか…みたいな…。

IMG_5101.jpg

iPhoneの画面で確認した時は、そうでもなかったんですが…これは、露出オーバーです。
オーバーしちゃいました(∀`*ゞ)テヘッ
ホワイトバランス、露出、ともに、作業机とトーンタワーの間に立ててあるカルトンに目玉クリップでとめてあるコピックのカラーチャートで測りました。ちょっと、暗かったかな…。ホワイトバランスはOKなのに、残念です。
それから、パソコンに取り込むと、ちょっと、変わりますね。パソコンのメーカーによって違うのかもしれませんが、私のパソコンは写真は取り込むと少しオーバーに出るようです。前のパソコンも同じメーカーで(東芝)、写真撮りに行って、よっしゃ!って思ってたのがオーバーになってた事がよくありました。一つ低い段階のものを残す事になったりして…。
こういうのを、パソコンの方で明るさ調整すればいいじゃないかって思う事もありますが、この絵のたとえば赤がよく撮れてる場合、白を補正することによって、赤がまた少し変わったりするので、写真の方で何パターンか撮る方がいいかなって思います(自分の中で)。

そして、デジイチ。

IMG_6573.jpg

アンダー…。
これは露出補正+1/3で撮ったのですが…+2/3だったですかね…。ホワイトバランスは先にラフ画を撮った時にカメラのモニタでみてオートだと思ったので、オートのまま撮ったんですが、パソコンに取り込んでみると、やはり、フラッシュの方がよかったですね。何パターンか撮る事を忘れないようにせねばですね。露出補正も、段階で撮っておいた方が無難ですね。パソコンとの相性がいろいろあるでしょうから。
しかし、この写真の赤は本当に好みの赤に撮れました。実際の絵よりいい赤です(おいおい)。
ウム。

両方で撮ってみて、露出補正やホワイトバランスをいじくって撮るという事に関しては、やはり、それをする人用に作ってあるデジイチの方が操作がしやすく、わかりやすく、そしてフラッシュついてるし…さらに…手ブレがしにくいです。スマホやガラケーは、小さいし、軽いので、天地を平行にって必死になって構えて撮るには、かなり難しいです。手振れもしやすいです。私の使っているデジイチは、初心者おにゃにょこ向けみたいな、EosKissの古いヤツ(Xってかいてあるよ)ですが、標準ズームレンズがついていて、これに手ブレ防止機能がついてて、重いです。この重さが、なんか、安定させやすくていいです。だから撮りやすいです。カメラなんだから当たり前といえば当たり前ですが…。

ちなみに、絵をマジ撮りするときは(漫画の原稿をデジイチで撮っていたことがあるのです)、描く時に使っている大きなカルトンにぺたっとはりつけて(静電気で)、壁に垂直よりちょっと斜めに立てかけて、撮ります。それでもなかなか難しいですが…。

ラフ画の方の色だしを見て、やっぱり、「撮るぞ!」って絵を撮る時は持ってる人はいいカメラを使う方がいいかもしれないと思いました。
しかし、器用な人はスマホなんかで写真を撮るのがとっても上手な人もいますから、それは人それぞれ使いやすい機器を使ったらいいと思います。

私の実験はこんな感じでした…。私は、せっかくあるからデジイチかな…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
50: by 蔵西 on 2012/12/06 at 13:14:26

有難う!
なんと具体的な!

う、しかし、自分に出来る気がしない…
まずデジタル一眼持ってないし… ぐずぐす 泣

 ・・・とか言って、
例えば
コミスタも購入まで ぐずぐす数年かかり、
購入してからも 数ヶ月放置していて、
でも、ある時、
ふと やりだしたらしばらく熱中…。
というような具合に、
機が熟したら、きっと、やります!
デジ一眼もきっと買います!?(笑)

今は多分 情報蓄積期なので、
良かったら、またいろいろ教えて下さい!

51:蔵西さんへ by ウマナリ on 2012/12/06 at 21:16:15

コメントありがとうです☆

おお、またこの長い記事を読んでくださったんですね!

肝心な漫画のホントに必要な事より、こんな事ばかり発信している私ですが(笑)、またホントにupするイラストができたら今度はスキャナじゃなくてカメラで撮ってみようと、頑張って色塗ってるところです☆

ガラケーのカメラ機能の充実したやつや、スマホのカメラでも、この「露出」の仕組みを知っていると結構かなりきれいに撮れますよー。
蔵西さんは、おそらく旅に出られることもあらはりそうなので、ひょっとしたら、カメラを買う事は楽しみが増えることになるかもしれない…とも思いますが。
しかし、絵を描く人はだいたい、写真を撮る事にも夢中になりそうです(構図や露出や色の関係が絵に通じる事ばっかりで)。
私もこの記事を書いて、ちょっと、やっぱり写真て面白いなんて思ったりしました。写真ももっと撮ろう…。

コミスタは慣れてきはったようで…よかったですね。なれればきっと、アナログより早いんでしょうねー。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。