最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ふぐ…うぇ…うぐ…リキテックス…。

今日は…いや、昨日から年賀状イラストの制作をしてをります☆

IMG_5159.jpg


アレです、アレですよ、リキテックス、そう、リキテックスですね。パテックスハリックスパトリックス…コックス。

画像下の方に見えているのは1998年に発行されている『コミッカーズ』ですね。この雑誌には本当にお世話になりました。いや、ホントにね、いろいろね。
この号には、カラー特集として、いろんなカラー作品の制作について載ってるんですが、リキテックスの作品もありまして。わりと、リキテックスを使われる作家さんは多いようですね。
これと、1997年発行の『色彩王国』。これも結構眺めて段取りを考えたりしました。
昔はこういう描く人の参考書みたいな本をよく買ったものでした。今はかわなくなりましたが、昔買ったのをとってあるので、ことあるごとに見返しています。ただきれいだから見返したりもします。
『色彩王国』の山田章博先生の水彩イラストが大好きで、用がなくてもみたりしています。いまだに。

リキテックスは持っているけれど(10ン年前に買ったもの、20年前に買ったもの、かなり長らくもっている)、あんまりちゃんと使ったことはなかったように思います。
カラー作品というのをホントに描かなくて、遊びで描くと、コピックで塗っていたように思います。

色鉛筆、水彩、いろいろチャレンジしましたが、どうも、上手くいきません。練習すれば上手く描けるようになるんでしょうが、その頃はすぐにあきらめる若者でありました。

今は、あんまりすぐあきらめないおばちゃんになったので、頑張って描いています。

しかし…昨日、非常に激しく失敗しまして、イラストボードを一枚没にいたしました。
…。
ボードですので、下絵は転写しますから、残っているトレペを使ってまた転写して、再チャレンジです。

…。

また失敗しているようです。

が、不透明水彩リキテックスでありますので、妙に濃くなった顔色を、上からうすい顔色でこってり塗ってやりました。
うん、切り抜けられるかも、この危機…。

肌色をとにかく、失敗するのですが、白の混ぜ加減、影の色を作る時に、水彩と同じ加減で作った色だとめっちゃ濃いとか、いろいろリキテックスならではの色出しがあるようで、ホントに苦労します。
試し塗りも何も、リキテックス、塗った直後と乾いた時とでまた色が結構違う上、試し塗りは余白の上にするので、下に塗ってある色のところに塗るとまたこれがヘンな色になったりするんです…(´;ω;`)

しかーし。
経験です。これで、だんだんわかってくるはずです。すでに肌色のベース色に関しては、ほとんど白に見えるくらいで絵にのせて、乾いたらちょっと濃くなるって感じです。

ちなみに、私はあんまり水を混ぜずに塗っているので、水をたっぷりまぜて水彩っぽく塗っている方は多分、乾いた時の方が薄くなるかもしれません。

そんなこんなで、リキテックス、たくさん描いて、色の調合を把握したいと思います。

ホンマに…ずーっと、黒いインクで漫画ばっかり描いてきたから、作った色が変わっていくのにはあっけにとられてしまいました…。

描くことに関してはガッツを手に入れた40の冬(1歳大目に見てやって)、リキテックス絵も頑張るぞー。
コピックもわりとちゃんと描けるようになったから、練習すればなんとかなるはず。

…ただイラストボードがもったいないけどな…


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。