最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

今朝の会話。

今日もまたフシギ系記事になるが、たまたま今朝でくわしたASDさんエピソードを覚えているので書いておこうと思う。

今朝、ウマナリはナンを焼いたのであるが、ウマナリが使っているナンミックスは、結構ダマが多い。つぶせないしっかりカッチリガッチガチのダマであるので、ザルで粉をふるって、ダマを取り除く。そのダマをごみ箱に捨てる時にちょいとごみ箱の外にこぼしてしまった。勝手口のたたきにポロポロっと。
しかし、ナンを早くこねなくてはならないし、そのこぼれたヤツの処理をどうしていいかすぐには分からなかったので、そのままにしてナンをこねていた。
すると、どこかで用事をしていたおかんロボがひゃーひゃらは~とやってきて(別段そういう音や声を出していたワケではない)、勝手口のたたきを見た。
ロボは大きな声で言った。

「何やコレは!」

ウマナリは答えた。

「ダマや」

さて、ASD当事者の方、そしてASDさんと深くかかわっている方にはもうお分かりであろう。

「ダマやって…何でこんななってんにゃ!」
「ごみ箱に捨てる時失敗してん」

おかんロボが最後に「そういう時は、ゴメン、こぼしてしもてんというモノだ」と言ったので、ウマナリは

「あいやぁ~、またコイツはASDさん的なアレをしてしまったわしなのであった、であるなー」と思いながらナンをこねていた。

ASDの特性のひとつに「字義通り」というのがある、というのはウマぶろぐでも記事にした事があるが(そうでない人もいるであろう)、今朝もソレである。人の言った言葉を字義通りにしか解釈しない傾向にあり、言葉の裏の意味、それから行間を読むような、そういう「聞こえない意味」を理解する事が難しい(文章を読む場合も「見えない意味」をなかなか読みとれない)。
そのために今朝のような質問口調のお叱りをホントに質問だと思って質問に答えるように言葉を返してしまうんである。
コレはリアル会話であると、反射的に返してしまうので、とっても難しい事である。大人になっても結構難しい。
社会人になってから、ウマナリは幸いにも叱られるという経験がないので助かっているが、小中高と、学生の頃は余計に怒られたものである。

一番印象深いのが、去年ブログに回顧記事で書いていた”カンチョー事件”のエピソードであるが(記事を書いた時にはソレに気付いていなかったが、今年に入ってから気付いた、トホホ)、ウマナリが小学4年頃の時、なぜだか地区でカンチョーをするのが大流行していたので、ウマナリ、折角だから先生もまぜてあげようと思って担任の、先生になりたての若い女性の先生に思いっきりカンチョーをして、めちゃんこ怒られたという事件であるが、この時先生に「アンタは親にもそんな事するんか!」と怒られたのであるが、チビウマナリは「うん」と答えてしまったのである。実際その頃ウマナリ家でもウマナリは全員にカンチョーをしていたので、仕方あるまい。

まぁ、そんな感じで、字義通り。またまたやってる字義通り。しょっちゅうやってる字義通り。
そんなASDさん的トンチンカンをお互いやり合ってガヤガヤもめているウマナリとおかんロボであるが、近頃ウマナリはそういうもめごとをしている時、弟君がソファなどから見て微笑んでいる事があるのに気付いた。そして、そういう微笑みを弟君がしている時、自分たちはASDさん的トンチンカンで意思疎通が上手くいっていないのだと思い、もめるのをやめるのである。
そんな弟君いわく、「お母さんとお父さんとウマちゃんはホントーに謝らない人種だ( ・`ω・´)」とな…。多分、謝らなくちゃならない会話を「字義通り」で通り過ぎて謝るタイミングを逃すというか、怒られている事に気付かないケースなんではなかろうか…。弟君は最近教えてくれたりもする、「そういう時は謝るんやで」とか、「そういう時はありがとうっていうんやで」とか。
ありがたい事である。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

今日ちょいとコーヒーを飲みながら野球をみていたが、スポーツというのはじっと見ていると面白いものであるな。野球は、ピンチでランナーがたまっても、必死で3つアウトを取るとチャラになるのが面白いな。分からない事をすぐきけるのがイイので、野球は弟君やおとん星人と一緒に見るのが楽しい。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。