最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

WC2

もうウォータークロゼットの事は語るまい。

WBC、である。

侍ジャパンの戦いは、終わりましたね。

ヒマ人のニートですから、朝から見ていました。

あまり、叫ぶところのない試合ではありました。

打線、もうちょっと、奮起してほしかった。
投手陣は、あのプエルトリコ相手に3点だから、バッテリーよく頑張ったと思います。ノウミサンの被弾は痛いが、それでも、やっぱり、3点の試合です。

内川選手が泣いていました。
ちょっと、大きなミスがあったから、とっても悔しく責任も感じていたと思います。あの時に、時間をまきもどしたくて仕方がない、そんな悔しさ、自分を責めるような気持ち、あるかもしれない。

でも、でも。

私は一昨年から再び野球を見始めて、前までとは少し違う感じで見ていて、そして、思うのです。

自閉っ子(子ていうな)の私がこんな事言うの、違和感あるかもしれないけれど、野球って(他のスポーツの事はわかりません)、ホントに「みんな」で戦うスポーツだと思う。それは、サッカーとかも見ててもそんな感じだけど、ちょっと、違うの。
野球は離れてる。ポジションとかね。ぽつぽつ立ってる。それから、攻撃と守りが、きっぱり別れてる。
それだけれども、よくよく見ていると、とってもつながっている。
仏教でいう所の……「縁起」。これを思わせるような、そんな関わり合いなの。だから、野球を見ていると「人生みたいだなぁ」って、余計に思うんです。

だから。

ひとりの選手の失敗は、チームの失敗だし、ひとりの選手の活躍は、チームの活躍だと、思うのです。

ヒットを打っても、塁上に誰もいなかったら、その時点は入らないし、その後のひとたちが三振に倒れたら、その回は点が入らない。でも後の人が続いて打ったら点が入る。
前の回ですごいのを打った選手が打席に入って、ピッチャーが緊張して、ボールが先行したら……あれ?押し出し…なんて事もあったりする。

ルールは難しいから、あんまり私は分からない。解説の人の話をよくよく聞きながらみている。

だけど、なんか、野球はアメリカ発祥のスポーツのわりに、仏教的な世界があるような気がしてならない。

だから…優しいのよ、いい意味で。

泣かないで内川。

野球は、そういっている。

また、シーズン始まる。野球という大宇宙、野球という「空」の中にダイブして、大活躍してください。

他の選手の皆さんも、また、シーズン、しびれるプレーを見せてほしい。
鳥谷、能見、タイガースファンは、待ってるで!!!
パリーグの選手たち、交流戦を楽しみにしているよ☆





スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。