最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

iPhoneお絵描き②鉛筆線画の用意

さて、ヘナチョコお絵描き講座であるが、私がiPhoneでラクガキをする時、だいたい「ガッツリぬり」「セル画ぬり」「図工ぬり」「マーカーぬり」と呼んでいる違うぬり方を気分で選んでやっている。

ガッツリぬり


セル画ぬり


図工ぬり


マーカーぬり


こんな感じ。
ぬり方をまぜて一つの絵を描く事もあるけれど、だいたい、同じぬり方を通すことが多い。
図工ぬりとマーカー塗りはほとんどアナログのぬり方と一緒。
レイヤーを一つしか使わない事が多い。
アナロガーな私は、このぬり方がとても好きだ。手軽なところもよい。

今回は図工ぬりをするべく、鉛筆線をいかした線画を用意。
アプリはArtStudio。


SHOT NOTEに描いて、SHOT NOTEアプリで撮影したものを、ArtStudioに取り込んだ。


コピーして、上のレイヤーを「screen」にする。


オリジナルの絵レイヤーをコピーして、一番上のレイヤーにして、色をオレンジぽい茶色にして、「Lighten」に(綴り自信なし)。
色の変え方は後で。


少しブライトさにかけるので、一番上のレイヤーの透過度を上げる(不透明度を下げる)。


こうなる。

白すぎるので…


オリジナル絵レイヤーの色調補正をする。全部のレイヤーを見えるようにして、全体の色調をみながら補正。



一番下の絵はこんなずず黒く。
ああ、あなたこんなに汚れてしまったのね…元には戻れない…チャララ~…


オマケ。
メニューはこんなんで、色調補正はAdjustというところから…


一番上の。
下の方のColorifyってのをこれから使う。

線画の色が彩色の時のテーマカラー(ブルーとグリーンよりの水色を予定)に合わないので、一番上のレイヤーをブルーに変える。
描画色を、ブルーにして、さっきのColorifyを押すと、選択レイヤーの色がその色になるので、それを使う。



こ、こんな青に!
透明色以外着色されるので、白いところを白くするには彩度の高い色を選択せねばならないようだ。
この場合はレイヤーのモードがLightenなので大丈夫。



線画のレイヤーを結合して、ベースレイヤー(基本白だけど適宜色ぬりしやすいように変える)、真ん中が彩色のためのレイヤー、上に線画レイヤーを。
線画レイヤーは、SHOT NOTEのを使う時、線以外が透明色という風にはならないので、レイヤーモードをMultiplyにする。これはどうやら乗算モードのようだ。

できあがった線画。


ハーイぬり絵だよ☆

これからぬります。

まだぬってないので、今日はここまで。

これは、図工塗りにしようかと思っています。

ずっと布団の住民だったからか、iPhoneからブログを更新してばかりだ…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。