最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

まだまだペンタブライフ

秋になりましたね。
なりましたな。

盆明けの風邪なんかどうかようわからん体調不良から回復せぬまま、またそこから今度は持病的な感じでちょいと下がり、なんとも言えない日々を送っているウマナリでありますが。
このタイミングで持病的に体調が下がるって言うのは本当にイヤですね。
今年の春先にもまだぐずぐずしていた時に、主治医がカルテをめくって、冬は苦手なようですなと言っていたのが脳裏をよぎります。
たいてい冬は寝込んでいるのではなかろうかではあるまいか…。

まぁ、それはそれでしかたないのでどうでもよいのですが(どうでもいいのか)、とりあえずその日できそうな事をみつけて楽しむという事をする日々なのであります。
楽しめる事が少しでも残っているのは幸いですね。

ペンタブを買ってから、ずっとペンタブライフを楽しんでいる私でありますが。
やはり道具好きなんでしょう、道具を攻略するのが楽しいので、あれやこれやとやりながら自分の思ったようにある程度描けるようになりたいナと描きまくっているワケなのです。
そんななので、ペンタブのみならず、お絵かきソフトまで買ってしまいました。バカでしょうか、いや、いいのですよ(自己完結)。
紙代トーン代とぶつぶつ脳内でつぶやきながらソフトを買ったのですが、なんといいましょうか、作業をしている時のトキメキ?高揚感?はアナログに軍配があがるようであります。もちろん個人的な話です。私の場合っていう事です。なにせ道具フェチですから。
しかし、漫画の場合の原稿用紙やトーン代がかからないという点では非常にデジタルはありがたいものだなぁと思います。練習のちっちゃな漫画を描いても、用紙やトーン代はかからないのですから。
面白さも、デジタルで描いてもやっぱり絵や漫画を描くっていう事は面白い事なのだなぁと思います。結局描くって事なので、道具(ペンタブやソフト)に慣れて馴染めばそこは同じなんだろうなと。
ただ私のような道具フェチや、なんだろう…アナログ特有のダイレクトなインクや絵の具の反応が好きな人はデジタルに辛気臭さを覚えるかもしれない。
私は元々好奇心が過剰な人間なので、この辺はクリアなので、結局どっちもできる人間なのだと思います。

こうなるととても便利な事に気づきました。
真夏のアナログ漫画製作作業は地獄です(大げさな)。
パソコンもパソコンの熱があついけど、あつくて汗だくなのに紙やトーンを触るとか消しゴムかけというある種エクササイズのような運動をしなくてもよい。あついから腕や手に汗かくから紙が湿らないように何か水分を通さないようなものを敷かなくてはならないとか言う事もないですね。
だから、夏はデジタルで描けばよく、冬になったらアアン待ってたわってな感じでアナログをやればよい…という……
コピー本で自分で作るっていうからできる事かもしれませんね。
でなかった場合はオールシーズンいけるデジタルになるんでしょうが…。

冬、またリキテックスでかわいい絵(???)を描きたいなと思います。そろそろ、恋しくなってきましたよ…梅皿ちゃん。
漫画は練習してみて、結構デジタルいけそうな気もしてきました。まだちょっと線の研究?をせねばなりませんが…そういうのは楽しい事ですな。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。