最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
12: by はるぼん on 2011/05/29 at 11:26:28 (コメント編集)

ウマちゃん、電車の中での事とても恐い思いをしましたね。私も似たようなことがあって、電車がないと生活に困る環境だから根性で乗っていましたが、長いこと辛かった。
「戦国時代よりマシ」私もこういう考えマジでします^^

体調のことですが、ウマちゃんの影響で自分の体調メモをするようになってから、だいぶめどが立つようになってきました。ホントに良いきっかけを与えてくれてありがとうです!
自分の症状を何なんだ?と悩むのは同じでも、記録に残すと主治医に話すときもスムーズに自分の意見や思いを伝えられる。
結果納得して満足して病院から帰ってこれる。
よかったなあと思っています~

13:はるぼんさんへ by ウマナリ on 2011/05/29 at 20:31:58

コメントありがとうです☆

こういう体質?があるといろいろナンギな事も多いけれど、そういう風にして人の痛みを分かる事も出来るという事も考えられますね(リスクが高く頻度も高いけど(笑)。
「戦国時代よりマシ」、ちょうど戦国時代の小説を読んでいたので、ふとそんな言葉が出ましたが、本当に、あの頃は「負けたら死ぬ(しかもいつ負けるか分からない)」とか「失敗したら腹を切る(しかも何が失敗になるか分からない)」とかいう事があるので、それよっかマシか~なんて思っちゃいました。時にはこういう極端な考えがグルグル思考みたいなのを断ち切ってくれる事もありますね。
そして、はるぼんさんも同じような体験をしてはったんですね。キッカケがつかめるまでは、トラウマじゃないけれど、長らく怖い思いや不便な思いをしちゃいますよね。

体調メモ!
コレはなかなかいいですよね。私は最近手軽に忘れないようにその場でメモできる、iPhoneのアプリを使ってメモをして、ソレを手帳の見開きひと月のページに写し直して一覧っぽく見られるようにしています。
メモは本当になかなか役に立ちますよね。
そして先生に話す時!ソレも私も同じです。前は「え~と、かなり忘れてしまったんですが…あ~う~」とかっていろいろ話す事を忘れまくっていましたが、今は手帳のメモを見てスムーズに。
お互いよかったですね~(^ω^)
これからもいろいろ、情報交換できたらいいですね☆

▼このエントリーにコメントを残す

   

早起きできればカンペキ?

今日の阪神の試合は前々回の記事とは逆にガックシであった。ま、ずっと負け続けているが、今日はサヨナラだからなおガックシである。

さて、今日は夜たいぶ元気である。バイオリズム的に「上がるタイミング」がもうすぐである。今月ココで上がれれば…と少し期待したりもしているんであるが。
体調が悪いひと月ほどであろうか…早寝続きであった。
夜はもう、多少体調がよくなっていても、読書などをしてから薬を飲んで、寝る。そういう風にしていた。
ふと、この早寝はこのまま続けて、朝起きられるようになって、前は夜にしていた漫画制作を、朝できるようになるとなんだか、いいんではなかろうか…などと思っている。夜早く寝る分朝を早く起きるとかいう…。

ま、タイトルには「カンペキ?」などとかいているが、まぁ、そうそう「カンペキ(・∀・)!!」にはいかないのが人生というもの(大げさ)。
また元気になって、思った事をやってみて、ダメな所があれば改善して…それの繰り返しである。

そういえば、前回の記事の、マートンの失敗を見て自分が失敗したと同じ衝撃を受ける…という話で思い出したんであるが、ウマナリは、しょっちゅう外出して電車などに乗っていて、自分が何かをしている時に、ソレがそんなにおかしい事でもないけれど腹の立つ人もいるかもしれない…などという迷いにとらわれて、付近の人に殴られるんじゃなかろうかという怖さに包まれてしまう事がよくあるんであるが、ソレのきっかけも、「見た事を体験する」という事によるものであった。
ウマナリは20代前半の頃であったか、会社帰りに、電車のドアの所で、まだ下りる人が下りている途中なのに乗り込もうとしたおじさんが、下りようとしているちょっと若いおじさんにブン殴られる所を目撃した。その時に、自分が殴られた人の気持ちになってしまったんである。何だか妙に衝撃を受けつつ、汗をかきかき、その電車を見送って、次の電車でヨレヨレと帰ったのを覚えている。
それ以来電車の中で恐怖にかられる事がなんだか多い。
しかし、最近は、数カ月前の診察で先生に自分で善し悪しの判断のつかない行動の例を出して、そういう事が、「何だかいろいろ怖いんですが」みたいな事を言うと、「そういう事(ウマナリの出した例)を怒る人は、その人がおかしいんです」と教えてくれたので、怖いなと思っても「いや、そんな事で殴ってくる人はそうそういない」と思いなおすようにしている。根が単純なので、先生に教えてもらってから電車途中下車の確率はとても減った。まぁ、病気の治り具合にもよるであろうが。

…いろいろ生きる事はナンギな事であるなぁ。でも戦国時代よりマシ(どういう比較だ!)。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
12: by はるぼん on 2011/05/29 at 11:26:28 (コメント編集)

ウマちゃん、電車の中での事とても恐い思いをしましたね。私も似たようなことがあって、電車がないと生活に困る環境だから根性で乗っていましたが、長いこと辛かった。
「戦国時代よりマシ」私もこういう考えマジでします^^

体調のことですが、ウマちゃんの影響で自分の体調メモをするようになってから、だいぶめどが立つようになってきました。ホントに良いきっかけを与えてくれてありがとうです!
自分の症状を何なんだ?と悩むのは同じでも、記録に残すと主治医に話すときもスムーズに自分の意見や思いを伝えられる。
結果納得して満足して病院から帰ってこれる。
よかったなあと思っています~

13:はるぼんさんへ by ウマナリ on 2011/05/29 at 20:31:58

コメントありがとうです☆

こういう体質?があるといろいろナンギな事も多いけれど、そういう風にして人の痛みを分かる事も出来るという事も考えられますね(リスクが高く頻度も高いけど(笑)。
「戦国時代よりマシ」、ちょうど戦国時代の小説を読んでいたので、ふとそんな言葉が出ましたが、本当に、あの頃は「負けたら死ぬ(しかもいつ負けるか分からない)」とか「失敗したら腹を切る(しかも何が失敗になるか分からない)」とかいう事があるので、それよっかマシか~なんて思っちゃいました。時にはこういう極端な考えがグルグル思考みたいなのを断ち切ってくれる事もありますね。
そして、はるぼんさんも同じような体験をしてはったんですね。キッカケがつかめるまでは、トラウマじゃないけれど、長らく怖い思いや不便な思いをしちゃいますよね。

体調メモ!
コレはなかなかいいですよね。私は最近手軽に忘れないようにその場でメモできる、iPhoneのアプリを使ってメモをして、ソレを手帳の見開きひと月のページに写し直して一覧っぽく見られるようにしています。
メモは本当になかなか役に立ちますよね。
そして先生に話す時!ソレも私も同じです。前は「え~と、かなり忘れてしまったんですが…あ~う~」とかっていろいろ話す事を忘れまくっていましたが、今は手帳のメモを見てスムーズに。
お互いよかったですね~(^ω^)
これからもいろいろ、情報交換できたらいいですね☆

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。