最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
26:なる程! by たま on 2011/08/23 at 22:08:06

ウクレレの弦の話が「???」でありながら、面白く不思議に読んでいたんだけれど、最後の一文で全てが解決しました〜
(´∀`*),゜.:。+゜

なる程!
ペン先やペン軸に感じるあの感じ!
他人には「変わらないよ」だけど、自分の中では大きく違うあの感じなのですね!

ウクレレ、ちっちゃくて可愛いです♪

27:たまさんへ by ウマナリ on 2011/08/23 at 22:13:32 (コメント編集)

コメントありがとうです(^ω^)

おお、やはり漫画で例えるとガッテンしていただけましたね(笑)

そうなんですよ、ペン軸とウクレレ本体、弦とペン先、という塩梅でw漫画だと紙なんかも入ってきますね。インクやらなにやら。ウクレレも言いだすと他にも色々ありそうです。

そう考えると何でも奥が深いものですね~。

▼このエントリーにコメントを残す

   

High?Low?

ザ・ハイロウズの事ではない。

ウクレレのアレである。

High-G
Low-G

ウクレレの第4弦はG、つまりドミソ♪のソの音なんであるが、それがいわゆるウクレレの音域になっている。みんながよく知っているあのかわいいウクレレの音域。
高い。狭い。

が、ウクレレソロを弾くに当たって、このGの弦を1オクターブ低いものに張り替える事がある。
このことで、High-GとかLow-Gとかいうワケである。
ソロはメロディを奏でるので、楽譜にウクレレの音域で一番低い3弦Cより低い音がある事もあり(Low-Gの楽譜、みたいな感じで)、ウマナリが買ったウクレレソロの本にはソレが結構あり、最初の説明の所で、

キミもLow-G張っちゃいなよ☆

みたいに書いてあり(間違ってもそんな語調ではない)、ウマナリも昨日早速楽器屋へ赴き、弦を買い、張り替えて…


こんな。

ウマナリのウクレレの弦はナイロン?のやつなんであるが、ウマナリの買ったLow-Gはスチールというか、なんか、その、金属なのか、アレが巻いてあって、銀色。

で…。だが…。

なんだか…妙だ。

何がって、勿論張りたての弦は落ち着かないからものすごく音が変わって、まぁ、色々あるんであるが、なんか、そのアレではなく…

よくわからないが、とりあえず和音を弾くと音程云々でなく、何かとってもストレスフルなんである。

今日の朝、かなりの時間弾いては首をひねり、首をひねって考えては弾き…を繰り返していた。
そしておかんロボに言ってみた。

こんなハテナを抱えていては他の事が何もできない、と。
このハテナを抱えていたらば他の事ができなくなってしまうのはASD的特性であろうが、まぁ、3時間も弾いていれば疲れて一休みでもしてその後努めてウクレレを触らないようにしようと思っていたんであるが、疲れる前に…2時間ほどだったんであろうか、おかんロボが大丈夫なのか的アレで、なにやら言ってきてゴチャゴチャした後、そういう相談?になったんであるが、ま、おかんロボはおかんらしく言った。

そんなもん、元に戻しちまえ!この後買い物のついでに楽器屋に行こうぜ!

そうか、そうなのか、戻せばいい話なのか…。昨日楽器屋で立ち読みした本にHigh-GでLow-Gの曲をごまかして弾く方法なんてのを目にしたから、そういう事もアリなのか…。
さすがおかんである。おかんは、おかんだ(お前が自分でどうにかしろ)。

で、楽器屋に行くと…

こんなLow-G弦が売っていた。
おお…。



昨日も売っていたに違いあるまい。が、ウマナリ、Low-Gの弦を買った事もないし見た事もない。そもそもウクレレを買った時から弦が張ってあって、交換もした事がないんであるからして、弦を買うなど初体験である。
であるからして、あっても何か分からず、バッチリ「Low-G」と記してあるものしか選択肢に挙がらなかった。

が、コレは、写真では分からないが、黒くてツヤツヤしている。
フロロカーボンと書いてあるが、とにかくコレと、High-Gの弦(4本一式セットになっている)を買って帰ろうぜ、このLow-Gを張ってみて、まだストレスフルならHigh-Gに戻してしまおう、という事になって(楽器屋の弦のコーナーでコソコソ話し合うちいこいおばちゃん2匹…)



こういう感じで買ってまいった。

で、そのフロロカーボンのLow-Gを張ってみて、最初のあの違和感、ストレスが何か分かった。

音程ではなく、音質。

このことであった(by池波正太郎先生)。

なんか、音が多かったんである。ウマナリに聞こえる音が、最初のHigh-Gの弦より多かったんである。よく分からない説明かもしれないが…分かる方には分かるかと。
音が多いから、何?何の音?と気持ち悪かったんである。
今度の弦は、音が理解できる感じ。
鳴らすとポーンと素直に鳴っている。

ホッとした。

ホッとして、ハテナなしにハイだ、ローだと考える事ができる。

それにしても、何でもそうなんであろうが、ウクレレも楽器自体の違いもあれど、弦の違いも大きいものなんだなぁと思った。今度の一件ほどでなくとも、メーカーや材質によっても…

実のところ前のLow-Gセットで張った弦のG以外を張ったまま別のメーカーの今回の4弦を張っているので、ちょっと、気になるところもあるんであるが、もう、これはハテナ物件ではないので、次に弦を張り替える時までは我慢する事にしている。

弦と漫画を描く時のペン先やペン軸のあれこれは似ているかもしれない。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
26:なる程! by たま on 2011/08/23 at 22:08:06

ウクレレの弦の話が「???」でありながら、面白く不思議に読んでいたんだけれど、最後の一文で全てが解決しました〜
(´∀`*),゜.:。+゜

なる程!
ペン先やペン軸に感じるあの感じ!
他人には「変わらないよ」だけど、自分の中では大きく違うあの感じなのですね!

ウクレレ、ちっちゃくて可愛いです♪

27:たまさんへ by ウマナリ on 2011/08/23 at 22:13:32 (コメント編集)

コメントありがとうです(^ω^)

おお、やはり漫画で例えるとガッテンしていただけましたね(笑)

そうなんですよ、ペン軸とウクレレ本体、弦とペン先、という塩梅でw漫画だと紙なんかも入ってきますね。インクやらなにやら。ウクレレも言いだすと他にも色々ありそうです。

そう考えると何でも奥が深いものですね~。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。