最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

久々にストーリー漫画のネタを練る。

ネタを練ると言っても、リメイクなので、一度は描いたもの。

コレを、一応ストーリーやキャラクターの性格、バックグラウンドはそのままあるけれども、心情を全て白紙にしてから練ってみた。

滋賀漫画第3章では、手書きでこの作業をやったんであるが、なんとなく、今回はマインドマップツールで、パソコン作業にしてみた。字を書くよりパソコンに打ち込む方が早いし、打ち込む文字数が多く、更には考えが浮かぶスピードも速いので、少し複雑になってくるとパソコン作業の方がいいかもしれない。

そんなトコロで、あの漫画はキャラが二人なんであるが、ソレもそのままに、ストーリー展開と平行に並べてそれぞれの心の動きを詳しく書いて、ストーリーの展開上、主人公しか出てこないシーンも、一方もう一人はどういう気持ちの動きをしているか、という所も書いてみた。
すると、かなり前に描いた時と、印象が変わって見える事が分かった。
前の時には、大まかなストーリーと、キャラクターの性格、バックグラウンドが決まったらすぐにネーム作業に入って、ストーリー展開によって、このキャラはこんな時こういうだろう、こうするだろう、という感じなんであったんであるが、心の流れを別の線で追うと、大まかな筋は変わらなくとも、細かい所で少しずつ変わる事が分かった。
主人公しか登場していない時にも、別の所でヒソカにもう一人のキャラクターは悩んだり悲しんだり不安になったりしている。その経過があって、再び主人公と会った時にどうか、という事。

それは、いつもいい加減だったウマナリのストーリー作りにはちょっとした変化であった。

…といいつつも、滅多にストーリー漫画を描く事がなさそうなんであるが…。
が、ネタが浮かんだ時には少し練ったりして、描けそうなモノは作っていってみたいなと思う。

丁寧なネタ練り。

ソレだなぁ…。こういう所はちゃんとしなくちゃなー。セリフの言葉としてのチカラだけに頼ってはいけないなと、言葉が大好きなウマナリであるが、痛感致した次第である。

今回帰りが電車で、荷物も重いんであろうが、パソコンを持ってきてよかった。
ちいちゃなパソコンが欲しいものよの…。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。