最新記事

カテゴリ

プロフィール

ウマナリ

Author:ウマナリ
双極性障害、発達障害とお付き合いしつつ…なんとなく頑張ってやってます。B型です。
…。
おばちゃんデス。

最新コメント

ブログ村

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

大津祭に行ってまいった☆

祭である。
しかも、デカい祭だ。
デカい祭であるが、ウマナリ、40年滋賀に住んでいながら行った事がなかった。
とりあえず外へ出るのが、お出かけするのが苦手なウマナリであったので、それプラス病気がひどかった15年ほどもあり、本当にお出かけしない人であった。



祭である。

紛れもなく、祭。
晴天に恵まれ、人出も多く、そして曳山の飾りも輝いて、ワクワクしてくる感じ。



こんな感じでお囃子隊を乗せて、曳山は動いて行く。
調べたところでは、13の曳山があり、それらが順番に街なかを曳かれていく。



狸!
立ってるよ~(`;ω;´)
いや、泣く事はないんであるが。



夕方になってもまだピーヒャラトントコとお囃子と曳山の行列は続く。

楽しい…。



楽しい…。

曳山と曳山の間を歩いていると、曳山に挟まれて、両側に民家が立ち並び、壁に反響して、お囃子サラウンドになった。実に楽しい。
楽しいので、動画に録ってみた。
が、ウッカリiPhoneを横向きから縦向きにしてしまったので、動画の画面が途中で90度左に倒れてしまっているが…ヘッドフォンなどで音をきくと、とっても楽しくなってくるのでぜひ…(何を誤魔化しているんだ)。



祭とは…アレだなぁ、やはり、何というか、やっぱり、アレなのだ。
いつもは箱を閉めてて、時々開ける。そういう感じ。開けたらまた閉めて、それから暫く日々は続く。そんな感じ。
そんな愛しい箱を、ずっと昔から日本人はココロの中にもっているんだなぁ。
そんな事を再確認した大津祭りであった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。